報酬発生画像

高倍率の『FX』はちょっと難しいかなって思ったけど、一倍でFXできるなら外貨預金よりずっと魅力的なんじゃないかな? いろんな投資情報を見ているとそう思いました。

以前、無難に『外貨預金』をやってみようかなって思ったけど、手数料の高さを見てこれは難しいなと思った。

それならば最低通貨単位分の金額が必要になるけど、1倍でFXをやれるなら外貨預金よりお得じゃないかと思ったんです。

おねいさんおねいさん

調べてみると実際にお得でした。

預金保険機構』による保証のない外貨預金より、『信託保全』のあるFXのほうが安心感もありますしね。

過去に入ったFXの会社はレバレッジが25倍固定でFXは低倍率で投資できないのかと思っていましたが、今は1倍でもFXできる会社ができているようです。

そして調べていると1000通貨で実質1倍での運用が一番資金も必要なくて、短期・長期売買両方に向いていることがわかりました。

それは低目の通貨単位(1/10の1000通貨など)でレバレッジをかけ、証拠金を実質1倍程度にしてFXを行う方法です。1倍のFXよりロスカットの危険が減りますよ。

日本の入りたい1000通貨FX会社
  1. みんなのFX
    「主要通貨ペアにおいて業界最狭水準のスプレッドを提示」と言うだけあって、DMM FXよりユーロ/円が0.1銭、ユーロ/ドルが0.1pip安い。
  2. ヒロセ通商
    大手なのに1000通貨で取引できるのがうれしい。通貨ごとにキャッシュバックキャンペーンがあるのも魅力。
  3. 楽天FX
    FXだけでなく、楽天全体でまとめるといろいろお得。

ここでは『外貨預金とFXの違い』や1倍のFXをするならどの会社がいいのかなどの情報をまとめています。

外貨預金とFXの違い

外貨預金は為替手数料がかかり、FXはスプレッド(pips)がかかります。しかしながら、FXの方がかかる費用は安いです。

おねいさんおねいさん

実際に外貨預金の窓口にいって手数料を聞いたらちょっと驚きました!

しかしながら外貨預金は金利を安定して得られますが、FXのスワップポイントはプラスではなくマイナスになる場合もあります。

また、税務上では外貨預金は他の雑所得と合わせて計算することができますが、FXだと限られた雑所得内でしか合わせて計算できません。

ですが最も重要なのは外貨預金でもっとも注意しなければいけないのは『預金保険機構』とは関係がないという点です。

外貨預金と言う名前で何かあっても銀行が保護してくれそうな気がしますが、まったく保証対象外なのでリスクは普通の貯金と比べて高めです。

よっぱらいよっぱらい

預けた銀行が潰れたらそれでアウトなんてあんまりだ!

FXも会社が潰れる可能性は否定できません。しかしながら、大手銀行が関わる『信託保全』と言うシステムがあることによってリスクを抑えることができます。

その場合はポジションを解除するにはよくない状態にあっても、強制的にポジションを解除されることだけは免れません。ですが、全てなくなるよりかは全然いいことだと思えます。

外貨MMFでの強制ロスカットで失敗

FXや外貨預金以外にも外貨MMFと言う形で外貨に投資ができます。ですが個人的におすすめはしません。私も過去に外貨でリスク分散を試しに行なってみたことがあります。それはちょっと辛い失敗の記憶です。

おねいさんおねいさん

損失を出してしまったんですね。。。

その時は低額から購入できるユーロMMFを購入しました。少ない金額から始めれて手軽だったんですよね。

しかしながら2011〜12年に大きくユーロは円高に振れ、1ユーロ100円近くになったところでその投資自体がロスカットでなくなることになりました。

強制解約ってやつですね。説明でそういうこともありえるけど、実際にはほぼ起きることはないだろうと聞いていましたが現実に起きてしまいました。

よっぱらいよっぱらい

まさに投資は何が起こるかわからないことを理解したときでした。

結果、1万円程度の損失を出して終了してしまいました。勉強代と思えばいいけど、低い倍率のFXなどでそのまま長期保有していたとしたらプラスになってたとおもうと残念です。

できるだけ投資をするときはしっかりと情報を集めて、それから投資方法を考えてから行動することをオススメします。

FX初心者が混乱する言葉の意味

補足として『FX』などの外貨投資で初心者の時によくわからなかったよく出てくる単語だけを簡単にまとめておきます。わからなくなったらここを見直してね。

『スプレッド』と『pips』の違いは?

FXで手数料のような形でよく出てくる言葉が『スプレッド』『pips(ピップス)』です。

スプレッド』は通貨を購入するときと売る時の価格差を示します。同じ時間で同じものでも売り買いで差があるんですよね。その差が大きいほど証券会社の利益になりますね。

pips』は通貨を売買する時の最小単位としています。基本的に円と外貨の場合だと小数点以下第2位(例 0.01円)、外貨同士だと小数点以下第4位(0.0001ドル)になりますね。

おねいさんおねいさん

取引予定通貨のスプレッドが低い証券会社を選ぶのが重要なポイント!

スワップって何?

スワップはスワップポイントとも呼ばれ、通貨の金利差をもらう(支払う)システムです。

例えば日本円の金利が1%で、アメリカドルの金利が3%の場合を考えてみましょう。

この場合で日本からアメリカドルを購入すると、アメリカドルの金利3%から日本の金利1%を引いた2%がスワップポイントとなります。

おねいさんおねいさん

スワップポイントがプラスだと通過を持っているだけでどんどんプラスに!

しかしながら注意が必要なのは上記と逆のパターンになる場合です。例えば金利が逆転するとマイナスのスワップポイントとなってしまいます。

この点を注意しておかないと、長期投資の場合は為替でプラスになってもスワップポイントでマイナスになってしまう可能性もあります。

よっぱらいよっぱらい

為替でプラスになっても長期スワップポイントがマイナスでトータルマイナスなんてことも。

現状では日本より金利が低い国は少ないと思いますが、それでもスワップポイントはしっかり確認しておきたいポイントです。

1倍のFXが可能な会社

1倍でFXができる会社は結構少ないですね。大体のFX取り扱い会社がレバレッジ25倍固定となっています。以下の会社がめずらしく1倍FXが可能のようです。

レバレッジ1倍が可能なFX会社
  1. 楽天FX
  2. SBIFX(積み立て型のみ)
  3. ダイワFX

しかしなぜ1倍のFXをやっているところは少ないんだろう? レバレッジをかけなければ手数料は減るけど求める人たちはいそうなのに。

おねいさんおねいさん

証券会社に問い合わせてみると、実質1倍でFXができる方法を聞けました。だから少なかったんだ!

実質1倍のFXを行う方法

実際に1倍の倍率でFXを行いたいと思っても1倍の倍率でFXを行える会社は少ないですよね。だけど、実質1倍でFXを行う方法があります。

それは簡単な理論です。25倍固定のレバレッジであれば、24/25分のお金を預けておけばいいだけ。それで1倍と変わりがありません。

1倍でFXを行うよりも、こちらの方が安定感があります。なぜなら例えば楽天で1倍FXを行う時に必要な証拠金は100%です。

おねいさんおねいさん

これだと変動にそなえて余分にお金を入れておかないとすぐロスカットされますね!

つまり1倍のFXでは投資金額の1.5〜2倍ぐらいのお金を入れておかないと簡単にロスカットされてします。そう考えると同じ1倍でもロスカットされるリスクがほぼない高倍率で実質1倍投資のFXにした方が安心です。

無駄にお金を入れておくことになりますからね。高倍率が怖いと思うより、実際にリスクが高いのかを理解することが重要です。

よっぱらいよっぱらい

1倍の方が安全と思ったら、そっちの方がリスク高かったのか!

1倍FXを行う時の注意点!

実質1倍のFXを行うなら重要なのは最低通貨の単位となります。10,000通貨購入となるとドル/円の場合だと約100万円必要となります。

おねいさんおねいさん

一つの投資で100万円を準備するのは難しいですよね。

ですから、よほどお金に余裕がある方でなければ1倍でFXを行おうとする場合、1,000通貨の会社を探す必要性があります。

1,000通貨であればドル/円で役10万円程度。これならなんとかなる金額ですよね。そんな1,000通貨でFXができる会社は以下になります。

よっぱらいよっぱらい

スプレッドと取扱通貨、通過ペアなどを確認してしっかり選ぼう!

1000通貨で取引ができるFX会社一覧

以下に1000通貨で取引ができるFX会社をリスト化しました。1倍でFXができても1万通貨だと必要な金額が高すぎて投資できない。

ですが、ドル/円で1000通貨だと証拠金が1/10で取引ができます。1000通貨で取引できる会社を選ぶのがいいですね!

日本のおすすめ1000通貨FX会社

安心して低目の1000通貨FXをやりたい。そしてできれば出金トラブルなどのない安心な日本のFX会社を使いたい。

そういう方のために日本で1000通貨FXを取り扱っている会社でいい感じの会社を3社をまとめました。

それは低目の通貨単位(1/10の1000通貨など)でレバレッジをかけ、証拠金を実質1倍程度にしてFXを行う方法です。1倍のFXよりロスカットの危険が減りますよ。

日本の入りたい1000通貨FX会社
  1. みんなのFX
    「主要通貨ペアにおいて業界最狭水準のスプレッドを提示」と言うだけあって、DMM FXよりユーロ/円が0.1銭、ユーロ/ドルが0.1pip安い。
  2. ヒロセ通商
    大手なのに1000通貨で取引できるのがうれしい。通貨ごとにキャッシュバックキャンペーンがあるのも魅力。
  3. 楽天FX
    FXだけでなく、楽天全体でまとめるといろいろお得。

為替の波(スイングトレードの話)

FXの1倍運用や、低倍率での運用ならチャートを見て長期での為替の波を見ることも重要ですね。

大きなお金を運用している投資会社が『AI(人工知能)』を導入したりなど、今後はかなり変化が読めなくなる可能性があります。

しかし、昔からのチャートをみていると、大体の為替は一定金額の範囲で変化しているだけなんですよね。それを利用して『スイングトレード』という技術で利益をあげている方々がいます。

created by Rinker
¥500 (2020/02/27 16:18:05時点 Amazon調べ-詳細)

余剰の金で長期保有でき、スワップポイントが得られるならばかなり投資としては魅力的ですね。

レンジの低い場所から上がり始めている状態でスワップポイントがもらえ、安定している国であればかなりおいしそうな感じがします。

おねいさんおねいさん

ハイパーインフレが起きる可能性がある国はさけましょう!

まとめ

高い倍率をかけずに一倍運用するFXなら、日本円だけを持つリスクを比較的安全にリスク分散できますね。高倍率の短期勝負は難しいですもんね。

ですが、大手の10,000通貨を扱う会社で思いっきり勝負したいって方には以下のような会社がおすすめです。練習できるデモ口座がありますので。私はDMM FXで練習してから挑戦しました。

デモ取引ができる大手FX会社
  1. DMM FX
  2. ヒロセ通商
  3. GMOクリック証券

1倍のFXは株式投資のように0になるリスクもほぼなく、FX会社が潰れても『預金保険機構』があるので安心。

しかしながらリスクもあるため、為替の変動とスワップポイントの変化をしっかり見て投資していくことが重要ですね。

FXは高倍率ばかり目立つけど、こういう低倍率の運用の方が安心して短期だけでなく、中長期運用できる方法ですね!

よっぱらいよっぱらい

もっとはやくからこういう方法を知っておきたかったな。

長期で保有することによる複利効果は早く始めれたら早く始めただけ利益がでやすい。ですので、時間ができたらまずは始めてみようと思います。

あとは売却してしまった株式も再度下がってきたみたいですし、株式投資も再度考えてみようと思います。