報酬発生画像

株を初めて購入するときってワクワクしますよね。どれぐらい儲かるかなとか失敗しないよなとか。

早く買いたけど、その前に下調べしないと困ったことになりかねません。使う金額も高額ですから失敗すると大変です。

私も最初のころ何を見ていいのかわからず色々見てました、ですが株のあまり深いレベルまで初心者はわかりません。

ですので、私が見たポイントを参考までにまとめておきます。これで私は今のところ株式においては勝利しています。

初めての株投資の前に読むべき本

まずは『会社四季報』だけは絶対目を通しておきましょう。詳しく読まなくてもいいです。日本にどんな会社があり、どんな分野ごとにどれぐらいの収益性を持って存在しているのかを知ることってとても重要。

created by Rinker
東洋経済新報社
¥2,300 (2020/02/27 15:43:11時点 Amazon調べ-詳細)

PBR・PERなどの細かな単位とかそういうややこしいことはあとでいいと思ってます。まずは全体像を知ることが重要。

投資をすると決めた時点で株式公開している会社であれば、どんな大手企業の出資者にもなれるんだから大きな目で全体を見ていきましょう。

株初心者が株の売買で見るべきポイント

私はまずは会社さえ潰れなければ元が取れそうなイオン株を購入しました。株主優遇がすごすぎです!

おねいさんおねいさん

イオンをよく使う方ならメリットがいっぱいですもんね。

ですが、それ以外の株は何にすればいいのか迷いました。

ですので、それからその他の株を売買していくときに私が見るべきだなって思ったポイントを、参考までに以下にまとめておきます。

PBR・PER

PBR・PERは株をやっていく上では必要な指標ですよね。基本なので、知らない人は覚えておきましょう。

PBR

PBR(Price Book-value Ratio)とは株価純資産倍率のことです。株価を一株あたりの純資産で割った値となります。

この値が高いと割高、安いと割安に感じます。しかし、会社の価値は純資産だけでないので注意が必要です。

おねいさんおねいさん

不景気の時って1以下の株も多かったです。まさに投資のチャンス!

よっぱらいよっぱらい

web系とかだと高くなりがちだけど、分野で基準とする値は違いますよ!

PER

PER(Price Earnings Ratio)とは株価収益率のことです。株価を一株あたりの純利益で割った値となります。

この値が低いと、利益に対して株価が低いわけですから割安と考えられます。

単位株

株を売買するための最少単位の株です。現在日本の株は100株に均一化されました。

以前は一株あたりが安くても、単位が1000株とかでかなり高額になる場合などがありました。

また、少ない単位で購入することができるシステムがありましたが、その場合は株主優遇などのメリットが受けれない場合が多いのでお勧めできませんでした。

ですが、中には単元未満株で株主優遇を受けれる会社もありましたよ。

株の周期

株って周期的に株価が動いているものもあります。長期的な動きと、好景気・不景気の波を加味して選ぶことも必要です。

よっぱらいよっぱらい

一定の周期で株価変動を繰り返す株もあるよ。次でどうなるかはわからないけど。

おねいさんおねいさん

周期を見ての株投資に興味があったらスイングトレードの本をまず読むことをおすすめします!

created by Rinker
¥1,650 (2020/02/27 15:43:11時点 楽天市場調べ-詳細)

株主優遇

イオン株のように、株主優遇が使える人にはとてもメリットがあるものがあります。そういう株を選ぶのも一つの手です。

中・長期投資の方であればまずはここを最優先に見ていくことが重要。だって配当は不景気なれば停止してしまう可能性がありますからね。

本業以外の収益

以前、放送会社の株を購入していましたが、そこは土地関係をしっかり持っていました。

そして株や土地価上昇の際にしっかりと株価が上がり売却益を得ることができました。そういう本業以外に何をやっているかも見ておいた方がいいです。

配当

私は中・長期投資のため配当より株主優遇を優先して見ますが、配当がいい株を選ぶのも一つの手です。ですが、単純に高配当だからいい株というのは違うと思います。

おねいさんおねいさん

高利益で高配当なら安心なんですけどね。買収先の意向で高配当なら。。。

将来性

投資なので全てデータで考えるのは必要なのです。しかし、やはりその会社が今後必要とされていくのかや、応援したいという会社を購入するのもいいと思います。

細かな部分より投資で重要な点

いろんな会社のデータをみて投資するのも重要ですが、大きな流れを見る方が重要だと思っています。

例えば、以前日本の株価は1万円を大きく割りました。どこまでも落ちると書かれている情報などもありました。

しかし、そこまで落ちて日本がダメになり、世界経済に大きな悪影響を及ぼすようなことを世界がさせないと考えれます。

そういうようなポイントでしっかり考えて投資すれば大きなミスは抑えれると思います。

あとは、1倍のFXなども組み合わせてリスク分散を行なっていくのもいいかなと思っています。

よっぱらいよっぱらい

リスク分散なら『海外株』もおすすめだよ。

低位株の取引におすすめの証券会社

初めての株投資なら大きな金額の株より低位株と呼ばれる株価の安い株の購入がおすすめです。低価格の株取引手数料が安いおすすめの証券会社を3つまとめました。

手数料が安いおすすめの証券会社
  1. 松井証券
    1日の約定代金合計が50万円まで手数料無料というすごい会社。私も入っています。
  2. DMM.com証券
    手数料業界最安値と記載されてるだけあって安い。50万円以下180円の手数料はすごい。米国株の手数料は0円で株の売買を数こなすならこちらがおすすめ。
  3. ライブスター証券
    DMM証券と同レベルの手数料でキャンペーン期間なら手数料無料なのがいいところ。

まずはこれらの会社から始めるのがいいですね。しかし、楽天カードなどを利用してポイントも投資に使いたい方なら楽天証券もおすすめですよ!

楽天証券