報酬発生画像

最近、NISA(ニーサ)や仮想通貨などのブームにより金融商品がかなり値上がりしましたね。(2017.12.19の書きなおし記事です)

メディアの取り上げもすごくなってきています。一昔前は不景気で株価などが大きく下がり、一度は『投資は危険でやるものではない』という状態までなってましたのに。

現在はある意味投資ブームといえるのではないでしょうか?  そんなとき素人がどのタイミングで投資を始めればいいのか考えてみました。

個人的な結論はしっかりと勉強して、チャンスがきたらためらわずに投資を始めるのがベストという考えです。以下に投資の種類なども説明しながらまとめます。

投資とタイミング

いろんな投資があるけど、なんでも流行になる前に手を打っているのがプロの世界。

お金がなくて投資はほとんどできなかったけど、これまでいろいろ見てきた中でそう思わされました。だいたい流行になるのは一通り先人が仕込んでおいて、それが終わった後です。

流行後に大きくは稼ぐのはなかなか難しかったりしますし急落もありえます。

おねいさんおねいさん

テレビなどの情報で誰もが参加するようになったら撤退時期かも。

ですのでこれから大きくなりそうな分野、またはその分野が落ち込んでいるが少し回復傾向にある状態などで仕込むことが重要なのではと思います。底値をつかむのは難しいので。

また、新技術分野への投資は大きく利益があがる可能性もありますが失敗する可能性も高いので、余裕がある方以外はやめたほうがいいですね。

よっぱらいよっぱらい

そのぶん当たった時は大きいけどね。ハイリスクハイリターンです。

サラリーマン投資の種類

一般的にサラリーマンが許される投資は、以下のように株式やFXなどの金融商品への投資と、小規模な不動産投資ぐらいではないでしょうか?

気になる投資の種類
  1. FX⇒1倍FXが安心だね
  2. 株式投資⇒投資のポイント
  3. 投資信託⇒インデックスがいいね。
  4. CFD⇒コモディティ投資ができる!
  5. 不動産投資⇒チャンスがあれば

どちらも景気などの影響で大きく変動し、本来の価値以下と考えられるレベルまで落ち込みます。みんなが不景気だと言っている中、逆にチャンスと見て動いた人が大きなリターンを得ています。

(そんな中で余力を持たしていたり、お金を集めて投資できる能力があるところが投資家としてすごい点ですね。)

それではそれぞれの投資について詳しく見ていきましょう。投資によって狙いたいタイミングがありますよね。

不動産投資のタイミング

不動産投資でおどろいたのは、景気が少し改善してきたかなって思った3〜4年前には、都会の中央部の土地所有者の入れ替わりはもう一段落したとプロの方から聞いてビックリしました。

都会ではちょっと趣味で植物育てるには空間が高すぎると驚いたけど、それより投資家の手の早さに驚かされました。

不動産投資っていうとアパート経営みたいなイメージがありますが、太陽光発電や証券化したリートまで幅広くあります。

不動産投資の種類
  1. ワンルーム
  2. 一棟建てアパート
  3. 民泊
  4. 土地貸し
  5. 太陽光
  6. リート

アパートなどの居住用不動産に関しては当然価格が下がっている時に購入するのがベストと思いますが、リートは価格が上がっている時でないと元本払戻金(特別分配金)として元本が削られたりします。

だからリートに関してはきちんと配当が出るように景気が回復してから購入するほうがいいと思われます。私は特別分配金ばかりになってしまい売却してしまいました。

よっぱらいよっぱらい

利益じゃなくて元本が削られているだけなんて悲しすぎる。

また、太陽光投資などでは政府が決めた単価が高い時に投資するのが重要となります。ですから不動産投資一つとっても分野によって投資タイミングがかなり異なってきます。

おねいさんおねいさん

価格が下がっても設置機材の価格も安くなっているため単純に利益率が下がっているわけでもありません。

不動産投資の傾向

ちなみに最近の成功している居住系不動産投資の傾向を見ていると以下のような感じになっているように見受けられます。

不動産投資のステップ
  1. 不景気の時にやすい価格で不動産を購入。
  2. 景気上昇とともに売却し利益を得る。
  3. 得られた利益で高価だが価値下落リスクが少ない場所に再投資。

これを見ていて怖いなと思ったのは、不動産投資がブームになってきて6〜7%の表記上の利益率で物件を買っている人が多くいたことです。

成功している人はそういう方に高値で売り抜けて価値が落ちないような場所のいい物件を購入しますが、初心者が5〜6%の利益率(しかも会社がいい感じで考えた)の物件を購入してなんかあったら吹っ飛びます。

おねいさんおねいさん

人口減で部屋あまりの現状ということを理解しましょう!

ほんときちんと自分でリスクを加味した計算できるようになってから投資は始めた方がいいんじゃないかなと思いました。

私も数年前いろいろセミナー行ったり不動産会社回ったりしたけど、とても今の状況で一見さんに出される物件で購入できる物件はないなと思ったもん。

ワンルーム投資だけはヤバイ!

不動産投資家のサイト見るなりセミナー行くなりしたらわかると思うけどワンルーム投資だけはできればやめた方がいいと思います。

詳しくはここでは書かないけど、資産価値とかいろんなことを考えてやめたほうがいい。まぁ本気で投資を考えている人はすでにそれぐらいは調べていると思うけど。

私もいろいろ見ていてこれは不動産には投資できる状況にないなと思い、ちょっと暴走して安価なワンルームを見たりしましたがプロの人に止めてもらって助かりました。

ちなみにそれは某T自動車系の不動産会社でした。力あるところは顧客にも優しいね。資産価値のないワンルームとか売りつけるセミナーにこれの前に行ってたらほんと終わってたな。

右向け右の不動産投資はまずいよ。

とりあえず不動産投資がはやっているから不動投資。まずは実績を作るためにワンルームから始めよう。

『ちょっとストップ!』

販売会社さんのお決まりのセリフですね。確かに購入した実績にはなるけど、資産になるかや次につながるかはまた別の話のようです。

よっぱらいよっぱらい

うのみで行動はネギカモですよ!

だからちょっときちんと方向性を持って投資をしたほうがいいと思う。例えば防音の不動産で攻めるとか差別化も必要と思います! 私は以下の本とかを購入しました。

おねいさんおねいさん

ほんとお金は大事だから自分でも多角的に勉強して考えましょう。

株式投資とタイミング

株式投資などの金融商品も価格が大きく下がったときに始めた人たちは大きく稼いで、もう大半を売却した人もいるでしょう。

株式投資は大きな暴落が起きた後や、NISAなどの大きなお金が流入する状態は狙い目ですね。

大半が株価上昇していますが、中には選び方を失敗してその逆の方もいるとは思いますが。。。

おねいさんおねいさん

100%勝てる投資なんてものはないですからね。。。

私も余裕がなかった中、すこしだけ勇気を出し投資に踏み出してみました。その時購入したのはイオン株。売却しましたが購入しておいて助かりました。

ネットの世界でもどこでも流行になってから一気にメディア情報がでまわります。

当てはまらないことも多いとは思いますが、一般の人に情報が出てくる段階で絞りカスのような物と思っておいてもいいかもしれません。

できるだけ数は多くなくても、しっかりとした方々とつながりをもっておくとおもしろいと思います。

そして、いつどのようなチャンスがきてもすばやく動けるように幅広い投資の知識を持っておきましょう!

まず最初は株式投資から始めるという方なら低位株(株価が安い株)の売買手数料が安い以下の証券会社がおすすめですよ。

手数料が安いおすすめの証券会社
  1. 松井証券
    1日の約定代金合計が50万円まで手数料無料というすごい会社。私も入っています。
  2. DMM.com証券
    手数料業界最安値と記載されてるだけあって安い。50万円以下180円の手数料はすごい。米国株の手数料は0円で株の売買を数こなすならこちらがおすすめ。
  3. ライブスター証券
    DMM証券と同レベルの手数料でキャンペーン期間なら手数料無料なのがいいところ。

時期を考えない一か八かの投資はやめるべき

時期を考えない残りの種銭を注ぎ込んだ一か八かのギャンブル的な投資は個人的にはやめたほうがいいと思います。余力がないと少しの変化で対応できず最悪の状況で売却や、その他に何かいい可能性が出ても何も動きができなくなくなってしまいます。

安い時に売るのって金銭的にも精神的にもキツイですよ。

できる会社組織みたいにフォローしあえる環境とかがなければ、時間でもお金でもある余力だけで何かいい物が得られるようにまず努力することが第一だと個人的に思います。

昔はFXでの高倍率での勝負が問題になったことがありますが、やりすぎはほんと危険です。FXでも1倍でやればリスク分散できる安全性の高い投資だと思うんですけどね。