オリーブオイルに浸けた甘海老の写真

なんかちょっと贅沢なおつまみが食べたいなって思っていたら『甘えび』のセール品を見つけました。これは日本酒に合わせたい!

一回10本程度食べたとして六回分。1食500円ぐらいなら全然問題にならない範囲だなと思い購入してみました。そして届いたのがこちら。

冷凍甘海老野写真

こんなのが2箱届きました。予想以上の量です。一箱40匹ぐらい入ってました。

早速食べよう。まずは刺身。カラを剥くのが面倒ですね。その代わりあとでカラも料理に使えるのが家庭料理の強み。

むき甘海老の写真

お店で食べるものより甘味はひかえめでしたがガッツリ食べれるのがいいですね。子持ちは卵に栄養がとられているのかな? 卵はプチプチ感がいい感じでした♪

甘海老の卵写真

今回は小山本家酒造さんの原酒がかなり安く売っていたのでエビと合わせてみました。

小山本家酒造の原種写真

安いしあまりおいしくなかったら割って飲もうと思い買ったんですが、甘味があり予想外においしくておどろきました。いろいろ試してみるもんですね。

刺身の時に取り除いておいた頭はスープのダシにしました。醤油と黒胡椒を入れ匂いをとりつつエキスを出します。

甘海老の頭で出汁を撮っている写真

そして一度温度を下げ、最後にアタマをつぶしエキスを取り出した状態がこちら。エビの香りがすごい。1杯あたり頭1〜1.5個ぐらいで十分ですね。

甘海老のダシが出たスープの写真

淡路島産のためねぎスープの素と、野菜をたっぷり入れてスープを作りました。おいしかったけどエビの香りがすごすぎたw これを作るなら他にエビ料理は入れないほうがいいですね。

甘海老のダシを入れたスープの作成

子持ち甘えびは加工したほうがおいしいのかな?って思いたっぷりのオリーブオイルで焼いてみました。黒胡椒だけかけてます。

オリーブオイルに浸けた甘海老の写真

焼けるといい色に変わっていきますね〜。味は甘味が凝縮されるって感じ。個人的にはこっちのほうが好き!

焼き上がってきた甘海老の写真

焼いた後のオリーブオイルに、食べ終わった後のエビ頭エキスを絞りました。こんなのができたら当然卵を焼くでしょう!

甘海老のダシが出たオリーブオイルの写真

というわけで半熟卵焼きができました。醤油をかけていただきます!

甘海老の出汁卵写真

めっちゃ日本酒が進みましたw いや〜、気の向くまま自由に作って食べるってのもおもしろいですね。もっといろんなものを取り寄せて楽しもうっと。