斑入りハーブ入り丸氷を入れた焼酎写真

ウィスキーグラスに入っている透明の丸氷を家庭でも作ってみたくないですか? 私は作りたいです。と思って家庭でも丸氷が作れる製氷機を購入してみました。こういうのって高いのかと思ったけど数千円で買えるんだね。

よっぱらいよっぱらい

アマゾンで速攻ポチってみました。モクテルなどのノンアルにも使えるしね。

そしてただの丸氷を作るだけじゃない。一番やりたいことはお気に入りの斑入りハーブを使った丸氷の作成。というわけでまずは透明の丸氷を試しに作ってみて、それから斑入りハーブ入りの丸氷を作ってみました。

今回使用した丸氷を作れる製氷機

今回購入したのは『ドウシシャの丸氷製氷器』。Amazonで約1500円でした。二つ同時に作れるのがいいですね!

購入したドウシシャの丸氷製氷器写真

こういう画像のような丸氷作りたかったんですよね。

購入したドウシシャの丸氷製氷器イメージ写真

箱を開けると、

購入したドウシシャの丸氷製氷器中身写真

こんな感じで製氷機が入っていました。

購入したドウシシャの丸氷製氷器中身写真2

中のパーツを広げると以下のようになりました。意外とパーツは少ないですね。

購入したドウシシャの丸氷製氷器中身写真3

よっぱらいよっぱらい

さて次は円氷を作ってみましょう。

丸氷作りと冷凍庫に入れる時の注意点

丸氷を焼酎に入れた写真

『ドウシシャの丸氷製氷器』を使って丸氷を作ってみました。作り方は簡単。まず発泡スチロールの箱に黒色のプラスチックケースを設置し、MAXと書かれたところまで水をそそぎます。

ドウシシャの丸氷製氷器作り方写真

あとは白色のゴム型をそこに入れるだけです。

よっぱらいよっぱらい

しっかり底まで差込ましょう。

ドウシシャの丸氷製氷器作り方写真2

ここで注意点が一つ。小型の冷凍室だと区切りの板を外さないと入らない場合があります。購入前にしっかり入れれる高さか確認しましょう。私は入りませんでした^^;

ドウシシャの丸氷製氷器作り方写真3

区切っている板をはずし、無事に製氷機を入れることができました。

ドウシシャの丸氷製氷器作り方写真4

そして1日経過した画像がこちら。ちょっと盛り上がってますね。説明書では16時間冷凍すればOKと書かれていますが、すっかり忘れて丸1日経過してました。

ドウシシャの丸氷製氷器作り方写真5

よっぱらいよっぱらい

丸氷は時間がかかるもの。だから1個だけしか作れないタイプより二つ作れるタイプを選ぼう。

外側の発泡スチロールは説明書どうり10分後に問題なく外せました。

ドウシシャの丸氷製氷器作り方写真6

しかし、丸氷が入った白い型が外せません。流水を側面にあてて軽く溶かしていきます。

ドウシシャの丸氷製氷器作り方写真7

無事外れましたが、下に氷の塊ができていました。これが原因か。

ドウシシャの丸氷製氷器作り方写真8

白い型を開くとキレイな氷ができてました。ちょっと片方は水が足らなかったのか上部が空間になってしまっています。

ドウシシャの丸氷製氷器作り方写真9

型から取り外すと部分的に余分な氷がついてしまっています。これは包丁の背を使い軽く叩き落とします。

ドウシシャの丸氷製氷器作り方写真10

そうすると少し空気が入っていますが、以下のように透明な円氷ができました。まだ少しいびつですが、ちょっと溶かせば余分なところは落ち、キレイな丸型になります。

ドウシシャの丸氷製氷器作り方写真11

丸氷をお酒に入れるとキレイ

丸氷ができたので、お酒に合わせてみることにしました。今回入れるお酒は樽の香りがいい『カルテットオブカスク』という焼酎です。アルコール度数は32%とちょっと高め。

丸氷を焼酎に入れた写真

以下にある説明文のようにいろんな原種が混じっていい香りを出しているんですよね〜。香り高い焼酎を飲みたいときはこれか樽仕込みの『ニッカ・ザ・麦焼酎』がうまいんです!

カルテットオブカスクの説明写真

ちょっと色が薄くてわかりづらいですが、キレイな感じになりました。グラスはちょっとリッチにバカラのグラスを使ってみました。お酒をロックで飲むならバカラグラスが最高ですよね。

丸氷を焼酎に入れた写真2

よっぱらいよっぱらい

バカラグラスについては以下の記事で説明しています。

ウィスキーをロックで飲むならバカラグラスがカッコいい! その種類もまとめたよ。

丸氷を焼酎に入れた写真3

斑入りハーブは丸氷に入れれる!

丸氷を焼酎に入れた写真5

斑入りのハーブを丸氷に入れたくて試してみました。これが一番やってみたかったんですよね!今回入れてみたのは『ペパーミント バリエガータ』と『パイナップルミント』。

斑入りハーブで丸氷作り写真

凍らせると変色してしまいそうで心配でしたが、やってみるときちんとキレイな形で丸氷ができました!

丸氷を焼酎に入れた写真2

拡大するとこんな感じ。

丸氷を焼酎に入れた写真3

丸氷を焼酎に入れた写真4

バカラグラスに入れるとこんな感じになりました。

丸氷を焼酎に入れた写真5

キレイなんですが、氷に色をつけるか、濃い色のお酒を使ったほうがもっとキレイになりそうですね。

斑入りハーブ入り丸氷を入れた焼酎写真

ちょっと溶けた氷で酎ハイにも入れてみました。これこそ本当に色分けしないとよくわからくなります。今後の課題にしていこう。

丸氷を焼酎に入れた写真3

丸氷を焼酎に入れた写真2

とりあえず今日はここまで。さらに改善しながら書き足していこうと思います。

まとめ

丸氷は専用の製氷機を使えば簡単に作成可能。価格も2000円あれば十分なレベル。だけど、氷ができるまで時間がかかるので二つ同時にできるものを購入するのをお勧めします。

そしてハーブを丸氷の中に入れると変色してしまう心配がありましたが、実際にやってみるとキレイに氷の中に閉じ込めることができたよ。ロックのお酒でオンリーワンを求めるならこういうのもありですね!