バカルディエイトのいろんな飲み方を試している写真12

いいラムを使えば美味しいモヒートが作れるんだろうか? というわけで、バカルディなかでも高級なラム『バカルディエイト』を使ってモヒートを作ってみました。

ミント愛好家ミント愛好家

もちろん使うのは斑入りのミント!

香りと雑味(深み)が強いとのことなのでプラスに働くかマイナスに働くかは賭けでした。結論としてはたっぷり酸味と甘味を効かせると、深い味わいのモヒートになっておいしかったです。

おねいさんおねいさん

少量だけ追加すると、ラムの味をぼやけさした感じの飲み物になりダメですね。


まずはバカルディエイトを味見

バカルディエイトのいろんな飲み方を試している写真2

まずはバカルディエイトがどんなものなのか味見してみましょう。ちなみにバカルディエイトは以下のように8年以上オーク樽で熟成された限定生産品です。

バカルディエイトのいろんな飲み方を試している写真3

まずはバカルディエイトを味見してみました。ロックで味わうと甘い感じですごくおいしい! 樽の香りもいい感じ。

バカルディエイトのいろんな飲み方を試している写真17

次は炭酸割り。美味しくなるかと思ったけど、薄味になってしまいダメだったな〜。

バカルディエイトのいろんな飲み方を試している写真

ちょっとライムを加えてみたけど酸味が強くなっただけでイマイチ。やっぱしっかりモヒートにしないとダメですね。

バカルディエイトのいろんな飲み方を試している写真5

バカルディエイトでモヒート作ってみよう

バカルディエイトのいろんな飲み方を試している写真12

バカルディエイトでモヒート作り。まずは『斑入りミント』を潰していきます。前回のモヒート作りで中にいれるミントは軽く潰し、外のものは軽く叩くぐらいがベストと分かったのでこれも同じように処理します。

バカルディエイトのいろんな飲み方を試している写真6

そこにバカルディエイトを追加。

バカルディエイトのいろんな飲み方を試している写真7

MONIN (モナン) と呼ばれるモヒートミントシロップを追加。ミントの香りがするシロップです。

バカルディエイトのいろんな飲み方を試している写真8

バカルディエイトのいろんな飲み方を試している写真14

バカルディエイトのいろんな飲み方を試している写真15

次はライムを追加します。有機ライムジュースが楽でいい。

バカルディエイトのいろんな飲み方を試している写真9

あとは炭酸を加えて、

バカルディエイトのいろんな飲み方を試している写真10

氷を追加します。

バカルディエイトのいろんな飲み方を試している写真11

ガーニッシュとしてミントの葉先を加えて完成。

バカルディエイトのいろんな飲み方を試している写真12

飲んでみたけど味が弱いな〜。

バカルディエイトのいろんな飲み方を試している写真13

ライムジュースをラムと同じぐらい。そしてシロップをたっぷり入れると深みがあるモヒートになりました。

バカルディエイトのいろんな飲み方を試している写真16

ライムとシロップをたっぷりいれないとラムの風味に負けますね。それぞれ1:1:1か、シロップはそれ以上入れてもいいかも。ダイエット中にはあまり良くないけどね。

まとめ

バカルディエイトでモヒートをつくるならライムとシロップはたっぷり入れましょう! ラムの風味に負けてうすめたラムの炭酸割り状態になります。

しっかり入れたら風味深いモヒートができるので風味を楽しみたい方にはおすすめのモヒートになりますよ。ちょっと変わったモヒートを試したい方におすすめです。